島田市で瓦礫受け入れの準備、とりあえず燃してみた様だ

筆者の住む静岡県では、
一部地域(島田市)で震災の瓦礫の引き受けが始まろうとしている。

これは、東京都を除けば全国の自治体で初の試みとなり、
東北地方の復興のためには、当然のことなのかもしれない。

先ほどの県内向けニュースでも、
島田市の瓦礫受け入れの話題はトップニュースであり、
細野豪志内閣府特命担当大臣(原子力行政担当)も、
地元という利を活かして、どうにかこの話を進めたい思惑を、
存分に発揮してくれる雰囲気で、大いに苦笑させてもらった。

さて、今回島田市に運ばれたのは、山田町の瓦礫であり、
福島県の瓦礫とは、確かに一線を画すものであると思う。

あまりヒステリックにならないことを心がけたいが、
被災地の瓦礫引き受けに慎重になる気持ちが、誰の中にも多少あるのは事実だ。

細野大臣曰く「市民の皆さんに直接、放射線量を測ってもらいたい」とのことで、
明日以降、島田市で焼却処分された山田町の瓦礫について、
一般公開、放射性物質の測定を行うとのことである。

先日行われた市長会では、静岡県内の市長が集まり、
島田市の動向を伺いながら・・ではあるが、
受け入れに対して前向きに検討していこう!みたいな流れだった。

ということは、筆者の住む県内、そして浜松市でも、
東北地方の瓦礫の受け入れは、年度内中にも開始されるかも知れない。

ヒステリックに叫ぶ市民団体のオバサンを見つつ、
まぁ、ああいう場所に行くのは、「反対」を掲げる市民及びプロ市民だけだから・・・
と、冷静に、これまた、苦笑しながら拝見させていただいた。

ちなみに、FNN、フジテレビ系の全国ニューストップは、
女性の一日に歩くべき歩数が8000歩である・・・というものだった。

そして、記事を書いている現段階では、
寒い日に食べたいおでん特集をしている。

木村太郎さん、あなたはそれでいいのですか?
(木村さんは唯一の良心だと信じたいのですが・・・)

全国的に波及すると思われる瓦礫の撤去。

あなたの住んでいる市区町村でも、大きな話題になることだと思うが、
あなたは、どう考える?

2012年2月16日 島田市で瓦礫受け入れの準備、とりあえず燃してみた様だ はコメントを受け付けていません。 放射能関連ニュース